岩手中部水道企業団

文字のサイズ
  • 標準
  • 大
文字の色
  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

水道管の凍結に注意しましょう

最低気温が-4℃以下のときは要注意です

凍結注意最低気温がマイナス4℃以下になると、水道管が凍結する恐れがあります。特に、湯沸し器や給湯器、屋外に露出している水道管は凍結しやすいのでご注意ください。
就寝・外出時など、長時間水道を使わないときは、湯沸し器などの水を抜いたり、ボイラーを「保温」にしたりしましょう。
水道管に電熱線、保温材、古毛布などを巻くと、凍結防止に効果的です。また、家屋の換気口は閉めておきましょう。

万一凍結したときは

水道管や蛇口に直接熱湯をかけると破裂する恐れがあり、大変危険ですのでやめましょう。凍結した部分にタオルなどを巻き、ぬるま湯をかけるようにしてください。
ドライヤーやハロゲンヒーターなどを利用するのも、安全で便利です。解凍の際は、水道管の破損や火災に注意して行ってください。
ご自身で解凍できない場合は、岩手中部水道企業団指定給水装置工事事業者にご連絡願います。アパート・借家の場合は仲介不動産や大家さんにご相談してください。

解凍作業にかかる費用及び凍結破損によって発生した漏水量の水道料金は、お客様のご負担となりますので、十分にご注意ください。

水道の不凍栓(水抜き栓)について

冬季間は、水道の凍結を防ぐために不凍栓を操作する機会が多くなります。不凍栓の「全開」または「全閉」を完全に行わないために、常に地中で排水された状態になり、請求金額が普段より多くなるといった事例が見受けられます。そのため、不凍栓のハンドル開閉は完全に止まるまで行うようにしてください。

不凍栓の操作不良により発生した水道料金も、漏水が起きたときに受けることができる減免の対象とはなりません。

不凍栓の操作方法

不凍栓

左図のような不凍栓が屋外であればメーター箱付近や玄関・庭先にあります。屋内は流し台やトイレ付近などにあります。

(1) 不凍栓を「閉(しめる)」の方向に止まるまで回す
(2) 蛇口や水抜(空気取入)弁を開けて水を流す
(3) 水が出なくなったら、蛇口や水抜弁を閉める

※(1)、(2)の順番は問いません。

不凍栓の位置がわからない場合は、仲介不動産業者または大家さんに直接お問い合わせください。

電動不凍栓をご利用のお客様へ

電動式不凍栓(屋内の操作パネルにより水抜きを行うもの)をご利用のお客様は、詳しい操作方法はメーカーの取扱説明書をご確認ください。
特に電源が入った状態で停電したときは、自動で水抜きがされるように設定されていることがあるので、復旧後は通水状況を確認してください。

お問い合わせ 給配水課 給水係

電話 : 0198-29-5377  /  FAX : 0198-26-3307

〒025-0004 花巻市葛第3地割183番地1